コットン糸とシルク糸の混紡で織られた生地を使用したバティック。生地はわりと厚めでしっかりしていますが、肌触りが良く、
 浮き織り(ドビー織り)で生地そのものに立体感や風合いがあるので、平織りの生地にはない味わいがあります。
 明るい色柄と手触りの良さが特徴的なバティックです。

+++ 左は4つ折り画像、右は2つ折り画像です。+++
[B13-13]
コットンシルクバティック
サロン(左)とスレンダン(右)のセット
サイズ:118x183、17.5x128
価格:5400円
[B13-15]
コットンシルクバティック
サロン(左)とスレンダン(右)のセット
サイズ:117x197.5、20.5x157
価格:5400円
[B13-18]
コットンシルクバティック
サロン(左)とスレンダン(右)のセット
サイズ:116x184、15x119
価格:5400円

 コットンならではのしっかりとした生地感が特長の明るい雰囲気のバティックです。ジャワ島チルボン産。
 スレンダンとのセットなので、インドネシア伝統衣裳風に着たり、踊りの際に着用してみては?もちろんインテリアにも、、、。

+++ 左は4つ折り画像、右は2つ折り画像です。こちらのバティックはすべて1点ものとなっています。+++
[B2-1-1]
チルボンコットンバティック(薄茶系)
サロン(左)とスレンダン(右)のセット
サイズ:106x208、21x158
価格:4200円
[B2-2-1]
チルボンコットンバティック(青系)
サロン(左)とスレンダン(右)のセット
サイズ:106x212、25x158
価格:4200円
[B2-2-2]
チルボンコットンバティック(エンジ系)
サロン(左)とスレンダン(右)のセット
サイズ:105x208、26x159
価格:4200円


JAWA

BALI

SUMBA
 スレンダンとは、インドネシア語で「婦人用肩掛け」の意味があり、バティック布よりも幅が狭く普通の長さの短い布のことをいいます。インドネシア各地では、伝統衣装を着るときに様々な使われ方をしています。
 ジャワ島などでは、その名のとおり、女性が正式な場に出る時の肩掛け布として、バリ島では、帯のように腰に巻いて使われています。ヒンズー教のバリ島では、腰にスレンダンを巻くことで初めて寺院などの神聖な場所に入ることを許されます。また、日々のお供えも必ずスレンダンを巻いて行います。
 スンバ島では、肩掛け布プラス男子の正装として、頭にイカットのスレンダンを巻くそうです。

+ 使い方を教えて!というご要望が多いので作ってみました。→「バティック活用例」
+ 気に入ったものはありましたら取り置きもできますので、お気軽にメールを下さい。
+ バティック布のお手入れ方法と購入時の注意事項

注文・見積もり 質問 バティックTOP HOME
Copyright(C)2016 Indonesian Goods Shop Kupu-Kupu All rights reserved